您目前的位置: 首页» 日本語
 概況

1951年に創立された対外経済貿易大学は経済学、管理学、法学や文学などの多学科を中心とする国家重点大学である。創立以来、対外経済貿易大学は「博学、誠信、求索、篤行」の校訓のもとに鋭意開拓し、積極的に邁進してきた。

現在、対外経済貿易大学は15の学院、1の大学院と1の体育教学部を有し、学部では1440の科目、大学院では1000余りの修士課程科目と100余りの博士課程科目を開設している。

1989年、対外経済貿易大学は中国で始めて大学に取締役会を導入した。取締役は対外経済貿易部(商務部の前身)、国有貿易会社、中国税関、中国銀行、中国人民保険会社と香港商会から選出された。李嵐清元国務院副総理と呉儀元国務院副総理がそれぞれ第一期と第二期取締役会会長に就任した。

対外経済貿易大学は世界各国の大学との間に国際的協力を推進することを重要視している。現在、対外経済貿易大学はすでに120を越える海外の大学や国際機関とパートナー関係を築いた。

道のり

1951年、前身としての「高級商業幹部学校」創立、対外経済貿易部の管下に。

1954年、留学生第一期生入学。

1960年、優れた学術プロジェクトにより全国重点大学に指定。

1984年、学校名を「対外経済貿易大学」に変更。

1989年、中国初大学に取締役会を導入。

1997年、「211プロジェクト」に指定。(「211プロジェクト」とは、21世紀に向けて100余りのハイレベル大学を設立することを目的とする国家プロジェクトである。)

2000年、中国金融学院と合併。教育部に直属。

2010年、教育建設プロジェクトや公益活動などを支援するための募金や寄付を受け付けることを目的とする対外経済貿易大学教育基金会が発足。

2010年、教育部と商務部が連携して対外経済貿易大学を建設する協定の調印式が北京で開催。

 

データ

教師

中国籍教師890人、外国籍教師130人(そのうち、常勤30人、非常勤100人)

職員、教学補佐と用務員

700

大学カレンダー

一学期に18週間、また一ヶ月の夏休みコースがある。

学位課程

34種類学士課程

64種類修士課程

30種類博士課程

蔵書総数

150万冊

在校生総数

中国人学生:学部生8100人、大学院生4600

留学生:世界125カ国からの計3000

 

就職率(20117月までの統計による)

学部生98.58%

大学院生97.99%

国際連携(201112月までの統計による)

33カ国と地域における126のパートナーと計173の覚書や協定を締結した。

孔子学院

2012年まで、対外経済貿易大学はすでに日本、ロシア、ギリシア、メキシコ、アメリカ、イギリスとブラジルにおいて7の孔子学院を設立した。

2011年受け取った寄付金

総額は6000万人民元(約8.4億円)を超える。

学位教育プロジェクト

対外経済貿易大学は経済学、経営学、法学、言語学など多くの学士、修士と博士課程を開設している。そのうち、国際貿易、国際経済法、英語、国際経営の4学科は「211プロジェクト」の重点学科に選ばれた。

学位教育のほか、国内外の公共事業機関や企業、学者や専門家、ハイエンド人材などのニーズに応えるように、また専門職学位教育、通信教育、企業役員向けの研修プログラムなどを実施している。

科学研究

1951年の創立以来、対外経済貿易大学はずっと中国の対外貿易をサポートするために全力を注いできたので、中国国内で早くも国際貿易と経済学の研究と教育分野におけるトップランナーとなった。今では、80の研究機関とセンターを有している。

対外経済貿易大学は積極的に政府部門、公共団体、また企業や国際組織などと協力関係を構築してきた。パートナーのうちに、国連貿易開発会議、WTOEU、アジア開発銀行とバアオ・アジア・フォーラムなどがある。

対外経済貿易大学は毎年30近くの座談会やシンポジウムを開催し、大学の出版社は毎年テキスト、マルチメディアコンテンツ、論文及び学術誌などを100種類余り刊行している。2006年から2011年までの間に、本校教職員が執筆した著作物は計1110種、発表した論文は計5210篇に上った。

国際連携と交流

対外経済貿易大学は国際的な交流と協力を重視し、すでに120を超える海外の大学や国際機関とパートナー関係を築いた。パートナーとの間に一連の文化交流活動や学術交流プロジェクトを開催するとともに、学生の国際的な視野を養成すべく、国内外の学生間の対話と交流を積極的に推進してきた。2011年、600人を超える学生が海外交流プロジェクトに参加した。

留学生

1954年、留学生第一期生の入学により、対外経済貿易大学は中国において最初に留学生を受け入れる大学の一つとなった。現在では、世界125カ国からの3000人を超える留学生が在籍している。

中国語や中国文化に関するグローバル的な教育資源サービスを提供する

対外経済貿易大学は国際ビジネス中国語教育と資源開発センター(北京)基地である。中国国家漢語国際普及指導グループ弁公室の指導のもとで、本基地は海外の中国語教育の発展を継続的に促進し、国際ビジネス中国語の専門体系を次第に整える。本基地は対外経済貿易大学の学科の優位性をバックに、中国語教員の育成、教材とデジタルコンテンツの出版、国内外において異文化間の会議とシンポジウムの開催、国際的な教育サービスの提供および漢語水平考試(HSK)とビジネス中国語検定試験(BCT)の実施などを展開している。

対外経済貿易大学はまた北京中国学センター(TBC)の基地でもある。TBCは中国へ留学するアメリカ人学生を支援することを目的とする。学生の中国理解を深めるために、センターには中国を紹介する英語の書籍を大量に所蔵している。

キャンパスライフ

奨学金と補助金

対外経済貿易大学は学生の発展を支援するため、学生処、就職支援センター、アルバイト斡旋センター、起業と創造センター、生徒会などを設立した。

対外経済貿易大学は毎年奨学金や補助金を100万元(1400万円)近く支給する。留学生は中国政府奨学金や北京市政府奨学金、または対外経済貿易大学奨学金を申し入れることができる。

国際的なキャンパスと学生活動

対外経済貿易大学は経済的活力と国際的影響力を兼ね備える朝陽区に位置する。これにより、学生に国際ビジネス活動や異文化コミュニケーションに触れるチャンスをより多く提供し、自立する能力と国際的な視野を持たせる。

対外経済貿易大学は現在77の学生団体があり、中国と外国の学生がみんな加入できる。これらの団体はすでに校内において異文化交流活動や学術講座などを数百回ほど開催した。これには国際文化祭や大使フォーラム及び国際文化交流週なども含まれている。大学は毎年、公開講座或いはシンポジウムのために、政府部門や国際機関の関係者、トップレベル大学の有名な教授及び多国籍企業の重役などを数百人規模で招聘する。

卒業生

創立以来、対外経済貿易大学はずっと国のために優秀な人材を育成することに努力してきたので、商務部の素養の高い公務員を養成する基地だと称賛された。そして対外経済貿易大学の卒業生はまたいろいろな分野において重要な役割を果たしている。例えば、政府部門、金融機関、中国税関、大使館、大学、多国籍企業だけでなく、世界貿易機構、世界通貨基金や世界銀行などの国際組織も卒業生たちが活躍する舞台となる。

卒業生の有名人

Ø  林建海国際通貨基金IMF事務局長

Ø  石広生元対外経済貿易部部長(大臣クラス)

Ø  周文重元在アメリカ中国大使

Ø  高西慶中国投資責任有限公司(CIC)総経理

Ø  元在中国ポーランド大使

 

住所・電話番号

100029中国北京市朝陽区恵新東街10

対外経済貿易大学

FAX: +86 (10) 64493860

ホームページwww.uibe.edu.cn 

留学生ホームページwww.uibe.cn

 対外経済貿易大学外国語学院

対外経済貿易大学外国語学院の前身は1954年に創立された元北京対外貿易学院外国語学部二部である。今は、外国語学院に日本語をはじめ、アラビア語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、ロシア語、スペイン語、ベトナム語とポルトガル語の10専攻が設けられている。2009年に新設されたポルトガル語を除けば、ほかの諸専攻は二十世紀50年代において創設されたもので、すでに半世紀以上の歴史を持っている。アラビア語、スペイン語、日本語、また韓国語、イタリア語、ベトナム語、ポルトガル語などの非通用語専攻は国家級特色専攻に選ばれ、そのうち、日本語を除くほかの諸専攻は同時に北京市級特色専攻にも選ばれた。

現在、外国語学院は「ビジネス外国語研究」という二級学科博士点(応用経済学一級博士点のもとに自主増設)、外国語と外国文学一級学科修士点、日本語と日本文学、アラビア語とアラビア文学、ドイツ語とドイツ文学、スペイン語とスペイン文学、ロシア語とロシア文学、フランス語とフランス文学、アジアアフリカ言語と文学、ヨーロッパ言語と文学、外国語言語学と応用言語学など9の二級学科修士点を持っている。

ここ半世紀以来、外国語学院の各専攻は国のために数千人の卒業生を送り出した。卒業生たちは各業種において活躍し、ことに対外経済の分野で国家建設に力を貢献してきた。その多くは勤務先や部署のリーダーか中堅となっている。例えば、元対外経済貿易部部長石広生、現広東省副省長宋海、現全国人民代表大会常務副秘書長曹衛洲、現中央政府駐香港連絡弁公室副主任郭莉などはその代表である。

外国語学院の10の学部はそれぞれの全国的学会において重要ポストを占めており、全国教学研究会や文学研究会などの理事校や常務理事校を勤めることが多い。また、日本語学部はまた中国国際ビジネス日本語研究会の会長校として学会の運営、事務を行っている。そのほか、各専攻の教授のうち、本専攻の学術団体において理事、常務理事、秘書長、副会長や会長などの要職を勤める人も少なくない。

外国語学院の発展の歴史の上で、かつて陳濤、宋文軍、沈達明、張雄武、趙潤、姜信道、肖天佑など多くの著名な専門家や学者がここで教鞭を取っていた。今日では、学院は教育に熱心で、研究にも優れている教師陣を揃えている。専任教師79人のうち、教授、助教授はそれぞれ20人、31人いる。博士号を持っている教師は42人で、総数の53.16%を占めている。教師はよく海外へ講義や国際シンポジウムに行く。90%以上の教師は海外留学或いは駐在の経験を持っている。教育や研究の面において優れた成果をあげたため、言語対象国政府からの表彰や政府要人の接見を受けたのは数人いる。また、外国語学院の教師が担当する国家社会科学基金プロジェクトや教育部・北京市社会科学基金プロジェクトなどは十数件ある。

外国語学院は全国各地から優れた学生を集めている。現在、在籍している学部生は800人あまり、修士は100人あまりいる。複合的グローバル人材の育成モデル、経済貿易プラス外国語の専攻構成、専攻とする外国語プラス英語のマルチリンガル能力などにより、うちの卒業生は就職市場においてますます人気を博している。学院は学生のインターンシップを重視しており、今のところ北京市級学外人材養成基地が1箇所、インターンシップ基地が6箇所ある。また、半数近くの学生は在学中に交換留学やインターンシップ、或いは文化交流のために海外へ行く機会に恵まれる。

 

連絡先

住所:〒100029

中国北京市朝陽区恵新東街10号 対外経済貿易大学 外国語学院

FAX+86 (10) 64493206

電話:+86 (10) 64493211

ホームページ:http://sfs.uibe.edu.cn/ 

 日本語専攻科は1954年に成立、1994年に学部に昇格、輝かしい発展の歴史を持っている。陳濤宋文軍などの教授は、曾て日本語学術界の泰斗として尊敬されてきた。また彼らが中心となって編纂した『日漢辞典』『現代日漢大辞典』、創刊した雑誌『日本語の学習と研究』は我が国の日本語界における二つの大きな学術的記念碑である。

  そのうち、1959年に出版された陳濤教授主編の『日漢辞典』は、当時の中国において唯一の日漢辞書であり、日本語学習者の間で評判となり、数百万部の発行部数を記録した。そして、宋文軍教授主編の『現代日漢大辞典』は中日共同編集による最初の大型日漢辞書で、11万余の項目を収録し、当時において国内最大を誇る規模であり、今日でも同種辞書の中で最も権威のあるものと評価されている。さらに、その日本語版は日本小学館から出した『日中辞典』『中日辞典』であり、日本における中国語学習者にたいへん愛用され、すでに第二版も出版された。

  また、『日本語の学習と研究』は、今にいたるも中国日本語界の唯一の中心的学術雑誌であり、我が国の日本語研究と教育のレベルアップに多大な貢献をしてきた。20世紀80年代初めに、和歌や俳句の翻訳をめぐる大討論が、創刊早々の雑誌を舞台に繰り広げられ、日本語界だけでなく、学界全体の注目も集めた。

  日本語学部の教員の実力は豊かであり、教育上、研究上高いレベルにある。出版では専門書が5部、発表論文が60余篇、教科書が20余部ある。国家社会科学基金プロジェクト3件(責任者は馬駿博士),省部級並びに国際共同プロジェクト5件(責任者は李愛文副院長など)を受け持っている。また、多くの教員は中国国内の学会で重要なポストを占めている。例えば、

   胡福印教授:現在中国国際ビジネス日本語研究会会長

   李愛文教授:現在中国日本語教学研究会副会長、中国国際ビジネス日本語研究会副会長、日中比較文学研究会副会長、雑誌『日本語の学習と研究』編集長

   現在、日本語学部には12名の教員がいる。教授4名、助教授6名、講師2名。そのうち博士が5名、博士コース在籍が1名おり、年齢、学歴構成も整っている。

   日本語学部の学生は、今まで数多くの全国翻訳コンテスト、弁論大会において優勝している。

   日本語学部の学部生は主として日本語の語学文学、経済貿易の知識および日本社会文化などの基礎理論知識を学んでいる。本科では、専門の外国語と経済貿易の知識に精通し、専門の教育科学研究に従事することのできる人材や、国家の省庁や大型国営企業、外資企業の仕事の任に堪える高級な複合型の人材を育成している。

   主要な科目としては、基礎日本語、日本語精読、文学選読、視聴覚、日本語文法、日本文化、経済貿易文選、経済貿易応用文、交渉と通訳などがある。

   日本語学部の大学院では現在、言語、文学、ビジネス日本語、さらに地域国別研究など4つの専門ジャンルを設け、主として確実なる理論的基礎と系統的な専門知識をそなえ持ち、専門関連の教育、科学研究に従事することのできる人材や、対外交渉などの仕事に従事できる高度の応用型研究型の人材を育成している

 国際交流プロジェクト

現在、日本語学部は日本の立命館大学と協力し、ダブルディグリー(DD)と博士前期課程飛び級入学との二つのプロジェクトを運営している。

古都京都に本部をおく立命館大学は1900年に創立された私立大学で、日本私立大学トップ10に入れる有力校である。法学、経済、経営をはじめとする人文学科の実力が強い。

DDプロジェクトは2007年から始まり、日本語学部3年の学生を対象として毎年10名を募集し、これまで合わせて6期の学生を送り出した。またすでに卒業した4期の学生のうち、大学院に進学したり、欧米に留学したりしている人のほか、帰国して銀行や有力企業に就職した人も少なくない。

博士前期課程飛び級入学プロジェクトは2013年からスタートする予定である。日本語学部4年の学生を対象として毎年5名を募集する。学生は第7学期に交換留学生として立命館大学に赴き、専門科目を半年間履修できる。その後、選抜に合格した学生は博士前期課程に入り、二年間勉強し、修士論文を提出して論文審査に合格した場合、対外経済貿易大学の学士号と立命館大学の修士号を獲得できる。