您目前的位置: 首页» 日本語» 学院案内

学院案内

 対外経済貿易大学外国語学院

対外経済貿易大学外国語学院の前身は1954年に創立された元北京対外貿易学院外国語学部二部である。今は、外国語学院に日本語をはじめ、アラビア語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、ロシア語、スペイン語、ベトナム語とポルトガル語の10専攻が設けられている。2009年に新設されたポルトガル語を除けば、ほかの諸専攻は二十世紀50年代において創設されたもので、すでに半世紀以上の歴史を持っている。アラビア語、スペイン語、日本語、また韓国語、イタリア語、ベトナム語、ポルトガル語などの非通用語専攻は国家級特色専攻に選ばれ、そのうち、日本語を除くほかの諸専攻は同時に北京市級特色専攻にも選ばれた。

現在、外国語学院は「ビジネス外国語研究」という二級学科博士点(応用経済学一級博士点のもとに自主増設)、外国語と外国文学一級学科修士点、日本語と日本文学、アラビア語とアラビア文学、ドイツ語とドイツ文学、スペイン語とスペイン文学、ロシア語とロシア文学、フランス語とフランス文学、アジアアフリカ言語と文学、ヨーロッパ言語と文学、外国語言語学と応用言語学など9の二級学科修士点を持っている。

ここ半世紀以来、外国語学院の各専攻は国のために数千人の卒業生を送り出した。卒業生たちは各業種において活躍し、ことに対外経済の分野で国家建設に力を貢献してきた。その多くは勤務先や部署のリーダーか中堅となっている。例えば、元対外経済貿易部部長石広生、現広東省副省長宋海、現全国人民代表大会常務副秘書長曹衛洲、現中央政府駐香港連絡弁公室副主任郭莉などはその代表である。

外国語学院の10の学部はそれぞれの全国的学会において重要ポストを占めており、全国教学研究会や文学研究会などの理事校や常務理事校を勤めることが多い。また、日本語学部はまた中国国際ビジネス日本語研究会の会長校として学会の運営、事務を行っている。そのほか、各専攻の教授のうち、本専攻の学術団体において理事、常務理事、秘書長、副会長や会長などの要職を勤める人も少なくない。

外国語学院の発展の歴史の上で、かつて陳濤、宋文軍、沈達明、張雄武、趙潤、姜信道、肖天佑など多くの著名な専門家や学者がここで教鞭を取っていた。今日では、学院は教育に熱心で、研究にも優れている教師陣を揃えている。専任教師79人のうち、教授、助教授はそれぞれ20人、31人いる。博士号を持っている教師は42人で、総数の53.16%を占めている。教師はよく海外へ講義や国際シンポジウムに行く。90%以上の教師は海外留学或いは駐在の経験を持っている。教育や研究の面において優れた成果をあげたため、言語対象国政府からの表彰や政府要人の接見を受けたのは数人いる。また、外国語学院の教師が担当する国家社会科学基金プロジェクトや教育部・北京市社会科学基金プロジェクトなどは十数件ある。

外国語学院は全国各地から優れた学生を集めている。現在、在籍している学部生は800人あまり、修士は100人あまりいる。複合的グローバル人材の育成モデル、経済貿易プラス外国語の専攻構成、専攻とする外国語プラス英語のマルチリンガル能力などにより、うちの卒業生は就職市場においてますます人気を博している。学院は学生のインターンシップを重視しており、今のところ北京市級学外人材養成基地が1箇所、インターンシップ基地が6箇所ある。また、半数近くの学生は在学中に交換留学やインターンシップ、或いは文化交流のために海外へ行く機会に恵まれる。

 

連絡先

住所:〒100029

中国北京市朝陽区恵新東街10号 対外経済貿易大学 外国語学院

FAX+86 (10) 64493206

電話:+86 (10) 64493211

ホームページ:http://sfs.uibe.edu.cn/